最下位脱出(他力)

コメントを残す

11月26日WELEAGUE第4節 アルビレックス新潟レディースvsノジマステラ 2-3敗戦。

開幕4連敗、ここまで無得点だったがようやく初ゴール。3節まで最下位だったが最下位脱出(長野と得失点差1の差)他力です。全然喜べないワ。

開始30秒で失点。PA内で振り回されフリーな選手にシュートを打たれる。さらに6分に追加点を取られる。

相模原にボールを握られ着いて行けないアルビ。組織的守備が出来ていない最後は個人がなんとか身体を張るだけ。DFラインが低いので奪ってから攻撃に繋げない、全体の切り替えも遅いので最終ラインからパスが出せないGK平尾に預けてロングパス…。

チームのコンセプトは「堅守速攻 超ハードワーク」らしいが微塵も感じられない。

カウンター攻撃でもなくポゼッションで崩すわけでもなく、何がやりたいのかわからない。

今季初得点はまずセットプレーから、2得点目は上尾野辺のクロスを白井がダイレクトボレーで決めた個人技。相手を崩したわけでは無い。

タレントは揃っている 代表GK 韓国代表DF テクニシャンな中盤 突破力がある両サイド 日本人離れしたストライカー 若き才能溢れるFW

と思うのだが、そうなると練習の質のせい?ってことは指導者の力不足??昨季から全然課題が改善出来てないところも力量不足。

選手が全然楽しそうじゃない。

チームスローガン「ENJOY FOOTBALL」に程遠い。

降格も無いし我慢するのも必要かもしれないが、観戦に行っても全然楽しくない。

観衆826人は今節最小人数、3桁は新潟だけ。「つまらんサッカーは見たくない」ってのがこの結果だ。アルビ成分欠乏なサポーターが多いはずだしW杯で日本が歴史的勝利を挙げたし盛り上がるはずなんだが…。

社長、GM さん決断の次期ではないでしょうか?

DAZNで見ると結構ヤルじゃん。

コメントを残す

11月5日WELEAGUE第3節ホーム開幕戦vs仙台0-1敗戦。

開幕3連敗 3試合無得点…。

今日は2層目で観戦、何気にデンカビッグスワンの2層目で見るのは初めてかも。

テーブル付きの席に座ったのでスタグル食べるのも便利だしビールも飲みやすい(コラッ)

DF守備時の3ラインがよーく見えたりパスの繋ぎがよーく見えたが。いかんせん臨場感に欠ける。

ついつい集中力も欠ける。

前線からの激しいプレッシャーをかけ5バックでしっかり守って奪ったら道上目掛けてロングボール。ってのまではわかった。シュートの精度が無いから得点できないのかな?道上が孤立??

が現地での感想。

帰宅後さっそくDAZNで見直すと結構ヤルじゃんってこと。

トップの道上はしっかりキープして周りを使えている。ゴリゴリの強引さ控えめ、2列目もしっかり絡んでいた石淵、武田。武田が負傷で交代したのも本人もチームの痛かった(VTRを見る限りかなりの怪我のようだ)それでも変わった加藤もしっかり絡んでいたし、シュートまで繋げていた。開幕戦6本2節4本だったシュートがこの試合16本と攻撃的に行こう!という姿勢は見られた、しかし無得点。気が付いたのは「意外性が無い」ってこと。

道上が頑張ってキープして寄ってきた選手に渡すシュート打つ、サイドに叩くセンタリング上げる。相手DFには読めるから身体も寄せるしブロックもするGKはシュートコースが限定されているから防ぐことができる。

アルビのトップチームのようにゴールに向かって走っている選手が何人も居てそれを味方は分かっていてスピードを殺さないようなパスを出す、相手DFの意表を突く攻撃が無い。

だが試合終盤に道上がノールックでワンタッチで叩いて飛び込んで来た白井ひめ乃がダイレクトシュートを放つ場面があり。こういうシーンが増えればおのずと得点は増えるだろう。白井はガールズの頃たしかトップの試合に出ていたはず、医療福祉大でさらなる成長を遂げたようだ今後に期待したい。

負けたから課題はたくさんあって、道上が疲労で運動力、キープ力が落ちるとアルビの攻撃力は低下。道上のプレーを誰かにやらせるのではなく違うプランも必要だろう。児野をとにかくDFライン裏へ走らせるの良いだろう。北川をガンガン上げるのも良いだろう。

あの監督さんにそんな引き出しがあるのか?選手に落とし込められるのか??甚だ疑問だが…

村松→オソマツ と言われないようにね。

女子も恩返し弾。

コメントを残す

9月24日 WELEAGUEカップ グループステージ アウェイvs長野 1-2敗戦。

YouTube観戦。

既にグループステージ敗退が決まっているアルビレックス新潟レディース、かたや決勝進出を狙う長野パルセイロレディース。そのモチベーションの差は歴然。先週はシーズン前だから大目に見ようと擁護したが、長野は完成度が高かった。あれれ?新潟が遅いだけ???

開始2分でセットプレーから失点、それもかつて新潟に在籍した瀧澤にヤラレる。女子でも恩返し弾かよ。一方滝川の長野への恩返し弾は不発。そもそも前半シュート0…。全然前を向けない攻撃で長野の守備に嵌る。左SB北川のオーバーラップもあるが連係不足。

後半園田瑞貴を入れて繋ぐ場面が増えるが、『ターゲット道上作戦』ばかり。そこに関わるのが園田瑞貴と園田悠奈くらいで北川も滝川も上尾野辺も絡めない。ワンパターン攻撃。道上もそこまでスーパーな選手ではないから突破口が見つからない。そんななか強引なシュートでゴールをこじ開けたのは見事。さあココからというところで効いていた瑞希を交代…怪我の影響なのかもしれないが謎な采配だ。

前節はFWで出場したガールズの長崎選手をサイドバックで使ったり、まあ試行錯誤中ってことか。

そもそも昨季からほとんど主力選手が残ったはずなのにまだ連動した攻撃が出来ないなんて指導者の力量でしょうよ。

先のリーグ戦が思いやられるわい。

溜息の五十公野…

コメントを残す

9月19日 WELEAGUカップ ホームvs大宮 0-1敗戦。

とにかくため息ばかりの五十公野公園陸上競技場だった。意図が感じられないパス、ズレまくるセンタリング、シュートミス。大宮も良くはない。せっかく1300人を超える(お客さん)を集めたが歓声が沸き上がることはなかった。「やっぱり女子は…」なんて思ってる(お客さん)も多いだろう。

でもさ、リーグ戦が始まる前のプレシーズンマッチであって。完成されたトップチームと比べられちゃ適わんわ。

久々の五十公野公園陸上競技場は意外にもピッチが近く感じられた(ビッグスワンに比べたら)。

ってことはスタンドのため息は選手にも丸聞こえであってそのプレッシャーもきつかろう。

ガールズの選手を起用したりしていたが、怪我人が多くてメンバーが組めないのかと心配する、試行錯誤中なのか??

開門から約4時間、硬いベンチシートのせいで腰が痛くて 負けてるし プレーはうまくいかないし 場内の雰囲気最悪だし 二日酔だし…シンドカッタ。

YouTubeで試合を見直そうかと思ったらため息&ヤジ親父の声をマイクが拾っていてこれまた最悪。そういえば客席最前列にマイクがあったなぁ~あれなんとかならんのかしら?

次のホームゲームは11月5か6日 それも会場未定だって。そんなに間が空くのはなぜ?10月22日にリーグ戦が開幕するのにだ。おかしな日程、WELEAGUEは盛り上げる気があるのか?問題点に全然気が付てない 先が思いやられる。

盛り上げなくていいちゅーねん。

コメントを残す

5月8日第15節ホームvs東京ヴェルディ 4-3冷や汗をかく勝利。

前半のうちに3-0。『コリャ試合後のオレンジビアガーデンは飲み放題500円が確定だな』。とか\『横浜FC負けたじゃん得失点差で首位だな』など浮かれポンチで取らぬ狸の皮算用。いいんですサポは、ピッチでそんなんではやられます。4枚替えでマークがずれたのか?ポジション変更でずれたのか?まあ油断し過ぎだろタブン…。バスケスバイロンを捕まえきれなかった。

こりゃヤバイ。逆転も有りうると冷や汗かいたが。そこでヤムケンのスーパーゴール!!。昨季のオーバーヘッドに次ぐ美技。なんかどっかに投票できないかな??あまりにも劇的過ぎる勝利にスゲー盛り上がった。

でも もうそういうの要らないから。クリーンシートで勝ってね。

試合後はレディース応援。

その前にオレンジビアガーデンへ500円飲み放題を堪能。なんと受付もビールを注ぐのもアルビレックスチアリーダーズのみなさん!!お酒もおいしくなりますわワイ。4杯も飲んだが試合はしっかり観たよ。スコシウトウト

WEリーグ第20節ホームvsベレーザ スコアレスドロー。

ほとんどGK平尾のシュートストップショー。だが平尾一人で全部止められるわけはなく、コースを限定したり身体を寄せたり最後まで粘り強い守備のお陰。がんばったよ。

あとは後半のチャンスで決められたらサイコーのGW締めくくりだったなぁ。

観衆も1262人と普段の1.5倍だし良かったかな。チケット収益には繋がらないけど。見たことのないサポへの宣伝効果有り。これで次回の集客に繋がれば…ってホームゲームは残り1試合なんんですけど~~もったいない…もうちょっと早く開催できなかったのか。でもこのアルビレックスvsヴェルディ&ベレーザはマスコミ的にも注目のようで、オレンジビアガーデンにもメディアがチラホラ。きむジイもテレビ東京の『Foot+BRAIN』って番組にインタビューされたよ。オンエアされるかシランケド新潟ではBSテレ東で見られるらしい。

さあアルビ三昧のゴールデンウイークは終わった。明日からお仕事…頑張るか…ホドホドニ

女子は惜敗。

コメントを残す

4月24日WELEAGUE第18節ホームvs神戸 0-1の惜敗。

首位で、ここまで負けなし失点も3!と圧倒的な強さのINAC神戸に対して善戦とも言えるが力の差は歴然、なでしこリーグ時代はそんなに差は感じなかったのだがどうしてこうなった??

前節から3バックに変えたという新潟、この試合では守備時に5バックになって守りを固めるプランか?しかしこれでは新潟のストロングポイントが活かせない。3バックの右に入った北川のオーバーラップが消え、右ウィングバックに入った滝川も守備に重きを置きがちでドリブル突破も少なかった。

2トップ1シャドーには期待したがFW児野のDFライン裏への飛び出しも道上のポストプレーもあったかな?ボールを奪ってカウンター攻撃でチャンスは作ったがシュートはPAエリア外から。エリア内に侵入する回数は少なかった。そのミドルシュートも枠外へ。繋いでチャンスを作るまでに至らない。

昨日のナイスゲームを見てしまうと正直物足りない。眠い試合。

失点シーンはサイドからのクロスをセンターFWがはたいて走りこんだ選手がダイレクトでズドンと打つ。前半からこの場面は何度もあり阪口萌乃にシュートを打たれていた。対策は打てなかったのか?残念だ。

苦言を申すと興行面でも盛り上がりを欠く。

開門時に入場すると飽きて飽きて大変。ケータリングカーや屋台が4軒あったが、呼び込みの声なんかなくて静かなもの、まあ感染対策でしょうが盛り上がらん。でもタコライスは旨かった!これはサポがSNSで宣伝するのもいいかもね。

グッズ売店も何を売っているのかさっぱりわからず。そしてグッズの数も少ない。ガチャガチャ置いたり1000円くじでもしたら良いのに。

せっかくのチアリーダーズのパフォーマンスもその後に間が空いてシーンとなる。お上品なアナウンスにゆったりとしたBGM。ウォーミングアップ時はアゲアゲのBGMに事前に募集した選手への応援メッセージを勢いよく読んでもらおう!(浦和レッズのマネ)

パッパパッパと進行しよう。

あとは開門後のイベントが必要。

今日一番盛り上がったのが上尾野辺への花束プレゼンターにOG佐伯、大石が登場した時。これだ!OG達のトークショーはどうかな?ビッグスワンの広いコンコースで距離をおいて。プレーヤーズヴォイスカードをイジッテいただこう。選手の面白いコメントがあるんだからただ壁に貼るだけじゃもったいない。

ここで提案しても通じないだろうからお手紙でも書こうかしら。

久々のレディース観戦は満足いくものじゃなかった。残念。

お互い決めきれず。

コメントを残す

3月20日WEリーグ第14節ホームvs大宮 1-1引き分け。

当日は所用のためDAZNを今日観戦。試合結果を見た後だけにどちらも決定機を決めきれないグダグダな展開に途中で興味を失う。幸先よく先制してもすぐに追いつかれる、それも高橋美夕紀の恩返しゴールだ。確かアウェイでもやられてたなぁ。

しかしWEリーグの秋春制はやめてくれないかなぁ~9月に開幕したとおもったら、3カ月でウインターブレークに入りいつの間にか再開したのか?と思ったら5月に終わるらしい。さっぱり情報が入ってこない(集めてないだけだが)。3月はJリーグホーム開幕でウカレてすっかり忘れてた。レディースチームが3月5日にビッグスワンでPR活動したのもほとんど気が付かなかった。(よく見えてなせいもあるが)アルビは調子が上がらないまま中断期間を迎え、雪で新潟で練習出来なかっただろし清水でキャンプを張ったが中断明けもイマイチ勝ちきれない。招待券を配っても集客は増えず、少ない観客を失望させる試合内容に次は来てくれるかな?

中断期間に奥山GMが退任。山本亜里奈SD退任。辞任なのか解任なのか?わからんがチームは混迷しているのではないかしら?

まあ次節4月3日は応援に行くつもり。え?熱意が感じられないって??正直桃子(左山ね)ロスが未だに尾を引いて推しメンが決まらず。熱が入らんのです(笑)

あと 試合が障害のせいで見えず、選手も誰が誰だかわからないのもあるし、結局DAZNを見直さないとさっぱりわからんのだよ。カナシイ

得点ラッシュ!

コメントを残す

11月20日WELEAGUE第10節 アウェイvs相模原 4-2の勝利!

無得点で4連敗中の新潟だがこの試合は得点ラッシュ!特に後半はまるで攻撃練習のようだった。

前半は単調な縦攻撃が多かったが、後半はパスを繋いで崩した。セットプレーも工夫が見られFKではタッチライン際を走る選手にクイックで出したり、CKではニアに早いボールを入れたり意表を突く攻撃。これがオウンゴールではあるが得点に繋がった。滝川のミドルも良かったし道上のヘッドも凄かった。

西東友里コーチの第一子誕生を祝う『ゆりかごダンス』が見たかったが、嬉しすぎて忘れちゃったかな(笑) 道上はホッとしたのか試合後に涙を見せた、エースストライカーとしての責任をヒシヒシと感じていたのだろう、泣けるね。

やるじゃねーか村松監督と言いたいところだが、試合後のインタビューで『今まではクオリティの高いチームと対戦していたので…』とまるで相模原に対してリスペクトを欠く発言してしまった。イカンでしょ。そこはアルベルト監督をお手本にしなきゃだわ。

次節12月4日浦和戦で中断らしいが、ここ最近はボコられてる浦和相手に真価が問われる1戦となりそうだ。

PSとうとうJ1からの降格チームが決定。

横浜FC もしかしてキングカズが見られる?

ベガルタ仙台 久々に牛タン食べに行ける⁉

大分トリニータ 新太…個人残留できるかな?いっそ新潟に復帰でもイイよ。

なんだか金満ビッグクラブが間違って降格することが無さそうなのでその点はまあよかった。

あちゃー3連敗。

コメントを残す

11月6日WELEAGUE第8節 ホームvs千葉 0-1敗戦。

これで3連敗それも無得点が続く。あちゃーである。

今日は出勤土曜日だったが、腰痛が酷くてお休み市陸もお休み。

まー行ってもあんな良い天気では眩しくて見えなかっただろう、このところ右目が涙ポロポロな不調でもある。

で、DAZNで応援。解説の海堀氏がGK目線で面白かった。『上尾野辺のキックはフォームが変わらないが様々なキックを使い分ける』『ゴール前のパスも回転を変えてくるのでGKは前に出ようか判断に迷う』とか、スゲーなめぐちゃん。新潟日報によるとゲームに変化をつけられるのでFWでスタメン出場。でもなぜか道上がベンチスタート?

一番ゴールへの形が作れる選手なのにだ。立ち上がりは左サイド北川が積極的に仕掛けてクロスを上げる、滝川とのコンビも良い、そのクロスに誰が合わせるちゅーねん。ジェフも慎重な入りで膠着した試合展開。つ、つまらん。

見せ場はGK高橋智子のPKストップ、その少し前にもFWとの1対1もストップしピンチを救った。

守備陣は身体を張っている。なかなか得点が取れずに焦れるのかファールも多め、これが試合終了間際のPK献上に繋がった気がする。

奪ったら縦に早く攻撃するのがプランらしいがどうも落ち着かない。上尾野辺のパスが少ない好機を演出するが、受け手にちょっと繋がらない。もどかしい展開。後半に道上を入れてゴールに迫るが児野とサイドがかぶったり道上がクロスを上げたりでチグハグな場面もあり。もったいない。この試合シュート6本らしいが枠内シュートはあったのか?

攻守の要 川村欠場中。攻撃にアクセントを付けられる園田瑞も欠場中。チームは怪我人続出で戦力ダウンだろうがもうちょっとなんとか出来んのか?村松さんよ。

奥山GMはどう見てるのか?ウインターブレイクまで我慢ですか?そして今季はずーと我慢ですか??

0-3完敗。

コメントを残す

10月17日WE LEAGUE第6節 ホームvs仙台 0-3敗戦。

体調不良のためスタジアム観戦は欠席。DAZNで応援、結果は完敗大敗。

上尾野辺がベンチスタート、平尾がベンチ外。コンディション面でのメンバー起用なのか?川村はまだ復帰できない。立ち上がりはサイドを突く攻撃が出来たが仙台に見切られたのか徐々に流れは仙台に。その仙台ペースに入ると25分に先制される。まいてマウスに吸い込まれるビューティフルゴール。あとはもうハーフコートマッチ。

6戦負けなしの仙台は堅い守備、パスの繋ぎ、攻撃のアイデア、決定力。チームのクオリティに差があった。さすがはベレーザで長く指導者を続けた松田監督が作り上げたチーム。

一方の新潟は後半に上尾野辺を投入しチャンスが生まれるがポストに2回も当たる不運もあり完敗。攻撃のアイデア・リズムは結局は上尾野辺頼みで、この試合は敢えて上尾野辺依存からの脱却を図ったのかも??

さらにはセンターバックの三浦が負傷交代し、今後に不安が残る。

これまでは2部から参入のチーム、新規結成チームと対戦が続き、初めてなでしこ1部だったチームとの対戦。力の差があらわになってしまった印象。

指導者の差はあるんじゃないの?S級ライセンスはお持ちのようだが経歴は大学での指導のみ。また指導者も育成する路線なのか?西東友里コーチの育成とライセンス待ちでアルビ初の女性監督誕生の方が楽しみなんですけど…。

今日の観衆は814人で第6節の中で最小人数。とうとう3ケタ、欠席した身分で偉そうなことは言えませんがほぼ固定層しか来ていないのかもしれない。新規客の獲得が必要だがこれから極寒の新潟市陸上競技場でのホームゲーム。雨や雪が降ったら躊躇してしまうよなぁ~

今季は降格が無いそうなので我慢して見守りますか。

Older Entries